脳卒中の予防最新の記事

脳卒中 回避のポイント

脳卒中は、ある日突然あなたを襲います。これを予知したり、回避するのは不可能ですが、脳卒中を発生させる原因になるといわれる危険因子、別名リスクファクターというものの存在が明らかにされてきています。これらリスクファクターに対して、適切に対策を講ずることができれば、ひいては脳卒中発症の回避につながるかもしれません。

日常生活を改善することで予防できるリスクファクターには、ストレス、高血圧、心臓病、コレステロール、アルコール、タバコ、肥満、糖尿病などがあります。それへの対策をまとめると以下のようになります。
・ストレスをためないよう心がける
・高血圧症への適切な治療
・心臓病や糖尿病の適切な治療
・アルコール摂取量の抑制
・禁煙
・偏食をなくし食事のバランスをとる

脳卒中は生活習慣病と深くかかわっているといわれています。働き盛りに発症する可能性が高くなるとするなら、働き盛りを迎えた世代は、脳卒中のリスクファクターを減らすことを生活の目的にしてみるのはどうでしょう。食生活を見直して適正なものにすること、自分にあった適度な運動を継続すること、規則的に休養・睡眠をとること、ストレスを回避することなど、常日頃の心構えが、脳卒中を遠ざけるのに必要なのかもしれません

脳卒中の予防について

日常生活の中では、脳卒中を予防するため体を冷やさないことが重要です。暖かい場所から移動する場合、寒暖の激しい所では血管に負担がかかり危険な場合があります。
カテゴリー
更新履歴
脳卒中 回避のポイント(2009年7月22日)
脳卒中の予防(2009年7月22日)
脳卒中と脳ドック(2009年7月22日)
脳卒中の前兆(2009年7月22日)