-脳卒中の予防

2009年7月アーカイブ

脳卒中は、ある日突然あなたを襲います。これを予知したり、回避するのは不可能ですが、脳卒中を発生させる原因になるといわれる危険因子、別名リスクファクターというものの存在が明らかにされてきています。これらリスクファクターに対して、適切に対策を講ずることができれば、ひいては脳卒中発症の回避につながるかもしれません。

日常生活を改善することで予防できるリスクファクターには、ストレス、高血圧、心臓病、コレステロール、アルコール、タバコ、肥満、糖尿病などがあります。それへの対策をまとめると以下のようになります。
・ストレスをためないよう心がける
・高血圧症への適切な治療
・心臓病や糖尿病の適切な治療
・アルコール摂取量の抑制
・禁煙
・偏食をなくし食事のバランスをとる

脳卒中は生活習慣病と深くかかわっているといわれています。働き盛りに発症する可能性が高くなるとするなら、働き盛りを迎えた世代は、脳卒中のリスクファクターを減らすことを生活の目的にしてみるのはどうでしょう。食生活を見直して適正なものにすること、自分にあった適度な運動を継続すること、規則的に休養・睡眠をとること、ストレスを回避することなど、常日頃の心構えが、脳卒中を遠ざけるのに必要なのかもしれません

脳卒中の予防

| コメント(0) | トラックバック(0)

自身がヘビースモーカーであったり、高コレステロール、高血圧、運動不足、肥満、過度のストレス、高脂血症、糖尿病などの症状が当てはまる人は、そうでない人に比べ、突然、脳卒中の発症に見舞われる可能性が、高いと言えます。しかし、脳卒中を予防する方法も幾つかあります。

いわゆるメタボリックシンドロームへの対策は、脳卒中だけでなく広く成人病予防に有効です。また、日常生活の中では、脳卒中を予防するため体を冷やさないことが重要です。暖かい場所から移動する場合、寒暖の激しい所では血管に負担がかかり危険な場合があります。

冬場、家庭では、トイレや入浴する際の脱衣場が要注意です。入浴の時は、バスタブのフタを取り、浴室に湯気を充満させるなどして、浴室とバスタブの湯との温度差を縮めておくのが有効でしょう。同様にトイレや廊下でもガウンやスリッパを着けるようにして身体を冷やさないようにしたいものです。外出時は、帽子やマフラー、手袋で冷気に素肌をさらさないように、小まめに注意することが脳卒中の発症を避けるコツです。

そして、突然、体が動かない、言語が不明瞭になる、半身がマヒする、飲食物が上手くのみ込めない、などの異常に気づいたら、迷わず救急車を呼ぶことです。脳卒中の予防には日常の心がけがものをいうのです。

 

 ピチレモンネット  六義園のしだれ桜  六義園  路線価

「人間ドック」という言葉が全国に浸透しているのに比べ、「脳ドック」と聞いても、イメージのわかない人は、少なくないでしょう。
ハイテク医療が積極的に現場に導入される中で、脳ドックは脳卒中予防の分野でも、確固たる地位を築いています。

脳ドックとは、MRI、すなわち磁気共鳴画像検査とそれに伴う血管撮影(MRA)等の画像検査、血液検査、問診により、脳卒中のきざしを発見して、予防しようというシステムです。
MRIでは、脳内の血液分布を調べるため、外から磁場をかけ、高解像度で脳組織の密度差を画像にします。この画像を脳神経科の専門医が分析します。血流が止まっている部位や出血している部位を、脳卒中の発症以前に見つけることができます。

また脳卒中の中でも、危険度の高いくも膜下出血は脳血管の一部が膨らんだ脳動脈瘤の破裂によって起こりますが、MRI・MRAを利用することにより、この脳動脈瘤が破裂する前に見つけて、脳卒中に発展する前に予防処置をとることが可能なのです。

日本では幸運なことに、一般病院への普及率が諸外国に比較して高く、MRI・MRAによる検査は積極的に行われているようです。費用は5万円前後からさまざまですが、放射線を使わないので被爆の心配もありません。脳卒中が心配な高齢者は、機会があればぜひ受けておきたい検査ですね。

 

 ミッシュマッシュのスカート  ミッシュマッシュのワンピース  三菱自動車アウトランダー

脳卒中の前兆

| コメント(0) | トラックバック(0)

脳卒中患者は、突然の発作に襲われたというケースが多いのですが、思い返せば、それ以前に、脳卒中特有の、何らかのきざしがあるものです。それらは自覚症状としては軽いものですが、以下に挙げる症状が現れたときにはには注意が必要です。

・吐き気を伴う頭痛
脳卒中にかかわる頭痛は、その痛みの強さの点で、通常のものとは大きく異なります。よく「ハンマーでたたかれたような痛み」と表現されることがありますが、こうした場合、吐き気を伴います。
・めまい
めまいの中でも、急に起こっためまいで手足のしびれ、脱力感、物がダブって見える場合は脳卒中を疑いましょう。
・意識不明
脳卒中に関連している場合は、脳内の太い血管が細くなったことで脳貧血が生じたと考えられますが、また心臓に原因のある不整脈の可能性もあります。
・しびれ・脱力感
顔や左右半身の手足のしびれ、脱力を感じた場合、脳卒中の発作の疑いが濃厚です。

その他、思うようにしゃべれない、急に視界が悪くなる、にわかに物忘れがひどくなるといった異常は脳卒中が原因となっている可能性があります。こうしたきざしが現れた場合は速やかに病院へ行くことが必要です。

 

 ファイヤーキング  ヒラキの通販  ランクル80  ミニロトの予想
カテゴリー
更新履歴
脳卒中 回避のポイント(2009年7月22日)
脳卒中の予防(2009年7月22日)
脳卒中と脳ドック(2009年7月22日)
脳卒中の前兆(2009年7月22日)
カテゴリー
更新履歴
脳卒中 回避のポイント(2009年7月22日)
脳卒中の予防(2009年7月22日)
脳卒中と脳ドック(2009年7月22日)
脳卒中の前兆(2009年7月22日)