Top > 脳卒中と脳ドック

脳卒中と脳ドック

「人間ドック」という言葉が全国に浸透しているのに比べ、「脳ドック」と聞いても、イメージのわかない人は、少なくないでしょう。
ハイテク医療が積極的に現場に導入される中で、脳ドックは脳卒中予防の分野でも、確固たる地位を築いています。

脳ドックとは、MRI、すなわち磁気共鳴画像検査とそれに伴う血管撮影(MRA)等の画像検査、血液検査、問診により、脳卒中のきざしを発見して、予防しようというシステムです。
MRIでは、脳内の血液分布を調べるため、外から磁場をかけ、高解像度で脳組織の密度差を画像にします。この画像を脳神経科の専門医が分析します。血流が止まっている部位や出血している部位を、脳卒中の発症以前に見つけることができます。

また脳卒中の中でも、危険度の高いくも膜下出血は脳血管の一部が膨らんだ脳動脈瘤の破裂によって起こりますが、MRI・MRAを利用することにより、この脳動脈瘤が破裂する前に見つけて、脳卒中に発展する前に予防処置をとることが可能なのです。

日本では幸運なことに、一般病院への普及率が諸外国に比較して高く、MRI・MRAによる検査は積極的に行われているようです。費用は5万円前後からさまざまですが、放射線を使わないので被爆の心配もありません。脳卒中が心配な高齢者は、機会があればぜひ受けておきたい検査ですね。

 

 ミッシュマッシュのスカート  ミッシュマッシュのワンピース  三菱自動車アウトランダー
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
脳卒中 回避のポイント(2009年7月22日)
脳卒中の予防(2009年7月22日)
脳卒中と脳ドック(2009年7月22日)
脳卒中の前兆(2009年7月22日)