Top > 脳卒中の予防

脳卒中の予防

自身がヘビースモーカーであったり、高コレステロール、高血圧、運動不足、肥満、過度のストレス、高脂血症、糖尿病などの症状が当てはまる人は、そうでない人に比べ、突然、脳卒中の発症に見舞われる可能性が、高いと言えます。しかし、脳卒中を予防する方法も幾つかあります。

いわゆるメタボリックシンドロームへの対策は、脳卒中だけでなく広く成人病予防に有効です。また、日常生活の中では、脳卒中を予防するため体を冷やさないことが重要です。暖かい場所から移動する場合、寒暖の激しい所では血管に負担がかかり危険な場合があります。

冬場、家庭では、トイレや入浴する際の脱衣場が要注意です。入浴の時は、バスタブのフタを取り、浴室に湯気を充満させるなどして、浴室とバスタブの湯との温度差を縮めておくのが有効でしょう。同様にトイレや廊下でもガウンやスリッパを着けるようにして身体を冷やさないようにしたいものです。外出時は、帽子やマフラー、手袋で冷気に素肌をさらさないように、小まめに注意することが脳卒中の発症を避けるコツです。

そして、突然、体が動かない、言語が不明瞭になる、半身がマヒする、飲食物が上手くのみ込めない、などの異常に気づいたら、迷わず救急車を呼ぶことです。脳卒中の予防には日常の心がけがものをいうのです。

 

 ピチレモンネット  六義園のしだれ桜  六義園  路線価
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
脳卒中 回避のポイント(2009年7月22日)
脳卒中の予防(2009年7月22日)
脳卒中と脳ドック(2009年7月22日)
脳卒中の前兆(2009年7月22日)